島の生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 島のクリスマス

<<   作成日時 : 2012/12/24 07:55   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

五島列島はかつて弾圧されたクリスチャンが移り住んだ島。
わたしの暮らす町には29の教会があり、12月になると信者の方たちの手でイルミネーションが施され、一気にクリスマスムードが高まる。
そんなクリスマスムードいっぱいの中、12月4日から9日まで教会コンサートが開催された。



青砂ヶ浦天主堂
明治43年、この島の出身である大工の棟梁、鉄川与助さんの設計施工によって建てられた。
老若男女を問わず多くの信徒たちが煉瓦を背負い、運び、積んだそうだ。
赤煉瓦造り、内部はリブ・ヴォールト天井で木造円柱が美しい。

この日は、松森光(バリトン)浦崎健治(サクソフォン)藤澤明日菜(トランペット)松尾瑞代(ピアノ)の方たちの演奏。

ラッパが大人の夜!の雰囲気だった〜
バリトンの声にしびれっぱなし!
ピアノのクリスマスセレクションズに酔いしれた〜
画像




  

頭ヶ島教会
大正8年、信徒の手で石を切り出し、積み上げて完成した。着工から10年を費やしたという。
設計施工は鉄川与助さん。
全国でも珍しい石造の教会堂。
内部は船底天井、水色と白で塗られた室内には五島の椿を模した彫刻の装飾がされている。
外観の力強い印象と違って、内部はこじんまりとして可愛らしい。

この日は、高橋智子(ソプラノ)西村智子(メゾソプラノ)クルピタ恵美子(ヴァイオリン)松田洋子(ピアノ)の方たちの演奏。

アヴェ・マリアの歌声に心がふるえた〜
蝶々婦人の切ない女心に涙し、カルメンに挑発された夜だった。
凛とした教会にヴァイオリンとピアノの音がしみてたな〜
画像




ストーブが焚かれているが、教会内部はひろく天井も高いので、とっても寒い。
それに木の椅子なので、厚着とマフラー、ひざ掛けなどは必須!

そんな中で、美しいドレスで素敵な音楽を奏でる演奏者の皆さまに感謝!

夢のような時間を、どうもありがとうございました。
画像

このコンサートは、なんと無料。
ぜひ、おこしくださいませ〜
ストーブの上のヤカンが、カタカタ、シューシューと鳴ってる中のコンサート・・・
素晴しい空間と音楽で、とろけてしまう時間ですよ〜




アタシからも一言
クリスマス、楽しんでねー
いいことあるよー
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
敬虔な気持ちになりますね
巷の浮かれたクリスマスとはやはり、違った厳かな感じです
本当のクリスマスなんでしょうね
夢のような時間というのが分かるような気がします!
良いクリスマスでしたね^^
タフィー104
2012/12/25 05:16
タフィーさん
クリスチャンの方がたにとってのクリスマスは特別で、やはり祈りの日なんでしょうね。
この教会コンサートはいいイベントだなーって思います。
今年の夏、ヴァイオリンの五嶋みどりさんが青砂ヶ浦天主堂で演奏したんですよ〜私たちは残念ながら抽選にはずれてしまい、聴けませんでしたが・・・

タフィーさん、よいクリスマスをお過ごし下さいね
dobien
2012/12/25 15:42
メリークリスマス!!っていう言葉が本当にふさわしい所なんですね。教会がそんなにあるなんて…。
教会で聞く本当のクリスマスの歌、1年の終わりにとても気持ちが洗われますね。

みけ
2012/12/25 21:04
みけさん
よいクリスマスでしたか〜
ここは「祈りの島」と呼ばれていて、島の西から東、北から南まで様々な様式の教会があります。
古い教会も多く、内部の意匠やステンドグラスなど見ごたえがありますよ。
一月初旬までイルミネーションもしているので、一度ゆっくり見て回りたいなー

教会コンサートは本当に良いイベントですよね。
みけさんも機会があったら、ぜひどうぞ!
dobien
2012/12/26 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
島のクリスマス 島の生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる