島の生活

アクセスカウンタ

zoom RSS カカ、その後

<<   作成日時 : 2018/10/11 16:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


カカの行方がわからなくなって10日、まだ戻ってきません。どこをほっつき歩いているんでしょう・・・・ばかちん・・・・・「帰ってきたら、ワイルドに変身しているだろうね」なんて夫と話しています。心配したり悲しくなったりして居ても立ってもいられない気持ちに駆られることも、少しずつ薄れてきて、それもまた悲しいことだなぁ・・と思ったり・・・ここ数日は気持ちが急に下がったり上がったりして、まるでジェットコースターに乗っているような感じで過ごしています。

台風25号が五島から離れていった7日、隣の家の石垣にイノシシよけとして掛けてある魚網に首がひっ掛かって動かなくなっている猫がいると、向かいに住むおじさんが教えに来てくれました。「お宅の猫かなぁ?網に絡まってもう死んでるみたいだけど」と話すおじさん。「えっ、カカがーー?!」とわたし。まだ風が吹き荒れ小雨が降る中をあわてて見に行きました。子猫でした。トラ猫ママさんが子育てしている4匹の内の1匹です。触れてみるとびっくりするほど体が冷たいのでもう死んでいるかと心配になりましたが、少しだけ足を動かしたので、はさみで首に絡まった網を切り、すぐ温かい湯に浸し、体を乾かして、ホットカーペットとホッカイロで温め続けました。子猫はぐったりしたまま眠り続けていましたが、半日もするとあくびもしたりして、無事に生き返りました。子猫の生命力は強いです。

10月1日に向かいのおじさんのお宅にも「カカを捜しています」のチラシを渡し、話をしていたことが、子猫の発見と救出に繋がったのかなぁ・・と思います。子猫が助かったのは、カカの「ちから」かもしれませんね。

子猫はママさんに返しました。元気にしています。
おじさんのお陰で命拾いした子猫。おじさんのやさしさにも子猫の生命力にも感謝です。カカが居なくなって悲しい日々でしたが、この出来事がわたしの暗い気持ちに光を灯してくれました。

カカがひょっこりと帰ってくることを願っていますが、執着しすぎないように心を整えたいと思います。




この魚網が首に絡まっていました
画像


鳴くこともなく、ぐったりしています
画像


夕方ちゃごまと対面
(ちゃごま大きくなりました、9月25日去勢手術しましたよん)
画像


台風一過の翌日、ママさん一家は皆元気です
お尻が見えるのが生き返った子猫です、ちゃまめと呼んでいます
画像



矢野顕子の「わたしのにゃんこ」聴くたび歌うたびに泣けてしまう、1983年の曲です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
かわいい
カカ、その後 島の生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる