島の生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 手作り

<<   作成日時 : 2011/10/20 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

もう20年以上前、中国雲南省の昆明に語学留学していた。
留学って言っても、中国語と少数民族についての授業の後は、街をブラブラして、買い食いしたり、商店をひやかす毎日。

当時、外国人は兌換券というお金に両替しなければならなかったが、そのお金ではバスにも乗れないので、人民が使っているお金にチェンジする必要があった。
その、チェンジマネーをしていたのが、石林に住むサニ族。
10代の彼女たちは民族衣装を着て、刺繍の施された小物が入った竹かごを背負っていた。
そして外国人の泊まるホテルや観光地にいて、刺繍の小物を売ったり、チェンマネをしたのだ。

夫(当時は夫ではなかったが)は、前年に旅行して彼女たちと知り合いだったこともあり、人気があった。
石林に遊びに行くと、彼女たちの家でご飯をたべさせてくれ、石林の風景区を案内してくれた。
10代から20代前半の彼女たちは、家に帰れば弟や妹の面倒をみて、家畜の世話、畑の手伝い、ご飯つくりをする。
仕事をやめ、遊びのような留学をしている自分が、ちっぽけで甘ったれだけのような気がして、恥ずかしかった。

サニ族の刺繍は細かく見事だ。
留学を終えた時、友人の結婚のお祝いにと、テーブルクロスによさそうな素晴しい刺繍の布を買った。
その時も彼女たちは、だれそれのお姉さんが作る刺繍がいいからと、一緒に探してくれた。


なぜ、あの時、自分のぶんも買わなかったのだろう。
また訪ねたときに・・なんて思ったんだ。

今はそんな素晴しい刺繍を買うことは出来ない。
作れる人も少ないし、手間も時間もかかるからだ。
育まれた文化や伝統も、経済成長の下でアッという間に消えていってしまう。



2009年、夫が彼女たちを訪ねた。
その時、サニ族の刺繍の手作りネクタイを頂いた。
夫の一番のお気に入り。
画像



そして先日、石林から小包が届いた。
なんと、素晴しい刺繍・・びっくりするくらい細かい。
ネクタイと、私にはお財布。
うれしい。
ありがとう。
夫のお気に入りがふたつになった。
画像




興味のある方は見てください。

夫の当時の旅行記
http://4travel.jp/traveler/gaochin/album/10508984/

2009年の再訪の様子
http://4travel.jp/traveler/gaochin/album/10409049/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
とってもきれいな刺繍、心がこもっている宝物ですねお財布もネクタイも、色もデザインもステキ器用なんですねうらやまし〜

お二人とも中国語が堪能で、そこから人とのつながりが増えて新しい世界があって…前に見せていただいた写真も、私の知らない世界がまだまだたくさんあるんだな〜と思いました
私も8月から英会話の個人レッスンを受け始めました今度こそはモノにしてみようと始めましたが、なかなか上達せず…何事も継続ですねしばらくがんばります旦那は相変わらずブラジルに移住する夢を抱いています
戸田
2011/10/20 19:10
中国の文化は、奥が深いですね。
ご主人の旅行記は、今年の夏に行かれたものを、読ませていただいて、ただたたびっくり
今回紹介されているのも、読ませてもらいます。
細かい刺繍、とってもきれい。
人間が作り出すものって、本当にすばらしい!
みけ
2011/10/20 20:40
ホントの宝物ですね!
良い話です
こんな細かいもの、二度と見られないかもしれない
文明って便利だけど、危ういです
サニ族の方たちも昔の笑顔のまま居られる世の中ならいいですよね
いつかまたお二人で行けると良いですね
タフィー104
2011/10/21 05:13
戸田さん こんにちは。
返事が遅くなって、ごめんなさい。

刺繍、綺麗でしょう
器用で根気があるんだよね。
出会った頃は彼女たちは10代の娘さんだったけど、今はたくましいお母さんだもん。
いやー、年取るわけだわ・・

英会話、がんばってるのねー。
続ける事が一番の上達法だと思う。
根気、こんき、コンキ!


ブラジル移住の夢、いいじゃない!
私も行ってみたいな〜〜
dobien
2011/10/23 12:59
みけさん こんにちは。
返事が遅くなって、ごめんなさい。

中国は歴史も長いけど、国も広いので旅行すると楽しいです。
交通手段も多くなり、設備もよくなったので、個人旅行がしやすくなりました。おすすめです。

お金を出せば、何でも手に入るって思いがちですが、受け継がれて手作りしていた物は、ふた世代作らなくなると消えてしまいますね。残念ですが・・。

サニ族の素敵な刺繍を見ていると、何か、手作りしたくなります。(根気のないアナタにはムリ・・という声が私の中からきこえますぅ)
dobien
2011/10/23 13:21
タフィーさん こんにちは。
返事が遅くなって、ごめんなさい。

ハイ、大事な宝物です!
彼女たちの刺繍を見てると、幸せで豊かな気持ちになります。
何か作って、人を幸せにするって、すばらしいことですよね。

夫とふたりで旅ができる状況になったら、ぜひ、訪ねたいですね。


dobien
2011/10/23 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
手作り 島の生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる